トップ  >  困ったときに  >  中綴じの小口が揃わない!

中綴じの小口が揃わない!


中綴じの特徴として、紙の厚みの影響で重ねれば重ねるほど内側の小口が飛び出てしまいます(クリープ)。
あからさまに読みにくくなるため多くの場合は小口の裁断を行いますが、そうすると内側の小口側が詰まったレイアウトとなってしまいます。
それを回避するための割付位置をずらす処理を"クリープ処理"と呼びます。
しかし結局ページサイズは同じであるためそれを行うと今度はノド側にずれが出ます。
取捨選択ですね。
極力ノド・小口には余裕をもたせるレイアウトがよいでしょう。



前
折った時、印刷面がずれてしまう!
カテゴリートップ
困ったときに
次
上手く両面印刷できない!

ページのトップへ戻る