トップ  >  製本について  >  袋綴じ製本

袋綴じ製本



コピー本において最もポピュラーな綴じの一つ。片面印刷した原稿の印刷面を外に向け、半分に折った状態で重ねて綴じる。平綴じの一種でもある。


長所


・片面コピーでよい。

・片面しか印刷しない性質上、裏写りしにくい。

→当然のことながら紙を選べば両面印刷でも裏写りはしない。

・面付けが非常にシンプルである。


短所


・中が開いてしまうことがある。

→これといって実害はないが、スタイリッシュでない。

・両面刷りとくらべて純粋に紙を二倍使用するため、分厚くなる。またコストもかさみうる。

・ホチキスを使用する場合は水平に打たれるため、他の本を傷つけるおそれがある。

→ノリなどで固定する表紙をつけるか、製本テープを付けたほうがよい。

前
平綴じ製本
カテゴリートップ
製本について
次
無線綴じ製本

ページのトップへ戻る