トップ  >  製本について  >  無線綴じ製本

無線綴じ製本


about


紙を綴るのに、糸・針を用いない。
マニア向けの製本。

長所


・市販されているような本を作れる。
→粒度を考えると、化粧断ちもしたほうがよいと思われる。
・折らずに通常の表裏印刷の紙を使用する場合は、面付けも悩まず、折りの作業は省ける。

短所


・難易度が高い。
→へたすると剥がれやすくなる。
・手間がかかる。
・割りと費用がかかる。
→グルーガン、両面テープ、メルトシート等を利用した方法が一般的だが、コストが大きめ。

前
袋綴じ製本
カテゴリートップ
製本について
次
和綴じ製本

ページのトップへ戻る