トップ  >  機材について  >  ホチキス(ステープラー)

ホチキス(ステープラー)

最も一般的な紙を綴じる道具。
閉じ跡が平らになるフラットクリンチや、中綴じ用に垂直の針を打てるもの(ホッチくるなど)のように様々な用途に対応しており、バリエーションが豊富。
針にも幅や高さだけでなく、色つきのものや、素材が異なるものなど用途に応じてさまざまな規格がある。
スチール製の針は腐食しやすく、また他の本を傷つけるおそれがある。針は極力露出しないように保ちたい。フラットクリンチを用いるか、綴じた後に膨れた部分をつぶすなどとすると幾分かましになる。
針なしホチキスや紙製の針などといった特殊なものも存在するが、多くの場合耐久性に欠ける。
カテゴリートップ
機材について
次
裁断機

ページのトップへ戻る