トップ  >  基礎知識  >  断裁

断裁

断裁にせよ裁断にせよ同じ意味である。

一度コピー本を作ったことがある人間ならば誰もが実感することかと思うが、どんなに丁寧にそろえても仕上がりはぴっしりときまらない。

特に中綴じの場合や、別途表紙をつける場合はその構造上必ず中心のページが外に飛び出す。

綴じた後にばらばらした部分を切り落とすことで、見栄えが(読みやすさも)格段に良くなるのだ。これが化粧断ちと呼ばれる行為である。

しかしそれ相当の手間もかかるため、安価・手軽を重視する場合には手を出さないのも判断である。

裁断する以上は一回りサイズが小さくなるが、コピー本については規格を遵守する必要も無いだろう(これは逆に、自由な形の本を作れるということでもある)。仕上がりサイズまで気にしたい場合は、トンボを使用して裁断を行うとよい。

裁断には、多くの場合カッターナイフや裁断機が使用される。

前
ノンブル
カテゴリートップ
基礎知識

ページのトップへ戻る